お役立「管理担当奮戦記」

「漏水被害クレーム」常に上位3位以内をキープ!【何処から??非常に解りずらい+全く厄介です】水道検針で突然発覚!
お役立「管理担当奮戦記」 ■スタッフブログ

==追加記載==タイトルにも追加記載しましたが、水道の検針は「2ケ月に1回」ですね。之は本当(実際の)に直近の出来事ですが、前回検針での水道使用量は「65㎥」で普通の使用量(ご家族の人数等考え)程度でしたが、何と!!2ケ月後の今回は「754㎥」に急増していました。前回の約...

『築後20~25年程経過の住宅:水回り要注意』給水管・給湯管の被害,かなり甚大です。■妙な床の沈み?早目の点検必要かも。
お役立「管理担当奮戦記」 ■スタッフブログ

オーナー様、イメージ写真は給湯管の一部です。L字型になっていますので通称:エルボ等と呼ばれています。竣工から年月が経過して来ますと、このエルボからの水漏れが原因の「水漏れ事故」が大変多く見受けられます。何故に?この部分からの水漏れ事故が多いのか?、、給湯管は当然ですが常に圧(水圧)が掛かっています。...

『入居中クレームベスト3:水漏れ修繕依頼』改正民法、契約期間中の修繕、面倒な交渉は無意味。土、日、祝日は業者さんは休みです。
お役立「管理担当奮戦記」 ■スタッフブログ

『イメージ写真はエイセンハウスの管理看板です。大きさはA4サイズ程。色合いも白地にエイセンのメインカラーの緑での文字。巷で良く見かけます赤と青の看板とは大違いです。実際に付させて頂けてますオーナー様からも好印象を頂いております』2020年4月1日から施行されています改正民法では、契約期間中の修繕の規...

賃貸オーナー様『原状回復のガイドライン』具体的な例を知っておかないと、トラブルの原因になります。
お役立「管理担当奮戦記」 ■スタッフブログ

『原状回復』と言う言葉、賃貸経営のオーナー様にはもう既に聞きなれた物と思います。しかし、実際の現場(退去後の貸室内)におきましては、トラブルになってしまう事が多々発生しています。其のトラブル箇所は『原状回復費用(借主負担額)の敷金精算時』です。(旧)借主からすれば少しでも多く返金して欲しい、という気...

【異常気象を助長する開発必要か!最重要課題は脱炭素】既に待った無の事態!時間的余裕は無いと思います。
お役立「管理担当奮戦記」 ■スタッフブログ

『神宮外苑再開発!皆様、少しづつではありますが気になる方増えてきているようで!』2022年5月にNHKテレビ番組「ネタドリ」で放送された神宮外苑再開発、その後しばらくは新聞、テレビ等での不動は無かったのですが、先日(2022.7.28)何気なくテレビを見ていたのですが、再度、この件に関しましての報道...

『給水管・給湯管・排水管』漏水”SOS”増えています。点検必要です!手遅れにならないために!自戒を込めまして再掲載です。
お役立「管理担当奮戦記」 ■スタッフブログ

何故(理由)なのかは分かりませんが、近頃、タイトルの如くの『SOS』が多く寄せられています。原因箇所は「給湯管」だったり「排水管」或いは「給水管」ですが、【水】に関する事ばかりです。■自戒の念を込めまして、、!【と、記事を書いたのですが、つい最近、我が家(マンションですが)某方居室に排水の逆流が起こ...

『防災の死角に注目・地震に因る長周期の揺れ』タワ・マン対策重要とのこと。大変便利だが!「陸の孤島化」嫌ですね!
お役立「管理担当奮戦記」 ■スタッフブログ

先日、東京都が再度「首都直下の地震」に因ります被害想定発表した旨のニュースを、テレビ等々で報道されていました。以前の想定と比較しますと建物の耐震化や、木造住宅の密集地が改善された等により、被害が軽減される見通しとのことでした。ただ、タワ・マン、所謂高層マンションの供給増加による「エレベーター」等の心...

【梅雨入り前記載】漏電の原因解明:こんな事もあるのです!梅雨入りになりました。オーナー様、予防、対策はお早めに!ついでに「防水」も。
お役立「管理担当奮戦記」 ■スタッフブログ

【注:本ブログは梅雨入り前に記載ましたが、梅雨明け宣言?後も、、蒸し蒸しで、再梅雨入り?かなとも感じられますね。そこで再々掲載と考えました。】以下、お目通し頂ければと思います。これから例年ですと(異常気象ではやまるかもしれませんね)1年の内で最も不快な(個人的感想ですが)時期!、「梅雨入り」です。ま...

『引越時に傷付られるかも』引っ越し時タマタマ偶然にでも!オーナー様、引っ越し後の最終確認!絶対必要ですよ!!
お役立「管理担当奮戦記」 ■スタッフブログ

『入退去時の最終確認大変大事だと感じています!特に退去時は特に念入りな確認必要ですね!』何故なのか??それは、退去された方が預けています「敷金」の清算に係るからです。スムーズな清算業務となりますよう注意が大事だと感じています。👇👇👇では、以下から、、。...

改正民法踏まえ!残置物止め全て設備にしませんか!⇒借主喜び⇒未然にトラブルも防げ無駄な時間の浪費も避けられますね!
お役立「管理担当奮戦記」 ■スタッフブログ

イメージ写真はエイセンハウスの店内の様子です。2020年4月1日から施工され、本年2022年4月で3年目を迎えております。『改正民法』で明文化されました、賃貸契約期間中の設備の一部滅失による、「オーナー様への修繕義務や賃料の減額請求」に【残置物】は関係してくると思われますので、定期的に「再掲載記事」...

PAGE TOP