『エアコンの試運転お早めに!』今年も猛暑・酷暑の予想です。修理・新規設置が必要な場合は早目の対応、必須!!です。

1年の内で最も過ごしやすと感じています「五月晴れ」の季節ですが、何と!真夏日の比率が数年前と比較して約」1.5倍!!となってしまっている、との報道が為されました。体感的・実感的にも頷ける感ですね。そんな時期に!「エアコン」に関します記事が掲載されていました(日経新聞に)。

憂鬱になる様なお話で大変恐縮ではありますが、今年もまた猛暑・酷暑が予想されています。そこでメーカーでは早目早目の対策、「エアコンの試運転」をお奨めしていました。このメーカー(ダイキン様)の昨年の経験では、交換や設置(多分新規の)工事に要した期間は「何と!数週間」だったとのことでした。

また、同社のアンケート調査の結果ですが、試運転をされた方の比率は21.8%にしか過ぎなかったようです。残りの方々、多分、イザ夏場になった際には何らかの?、自体になった可能性大かもしれんせんね。メーカー様曰く『熱中症の予防のためにも6月前半までのチェックがお奨め』とのことです。

そこで賃貸経営のオーナー様にですが、現在賃貸中の「エアコンの年代」の調査をされたら如何でしょう。エアコンの交換時期は一般的に大体7年~10年と言われています。もしも交換時期に近いか、または経過しているエアコンが付いている場合には、入居者様にご連絡し「試運転」をお願いされたら良いと思います。

そこで万一支障が出ましたら費用は掛かりますが、思い切って「交換」されたらと思われます。夏場の時期になってから判明し至急の交換よりは、づっとスムースに行うことが出来ますし、入居者様にも当然ですが喜んでいただけると思います。今後の更新時などの時にもお話が上手く進むかもしれませんので・・・。如何でしょう!!

👇👇👇以下、本ブログ関連の新聞記事(日経新聞)を貼付しました。お目通し頂ければと思います。  

【この記事を書いた人】
株式会社エイセンハウス 代表 岡野茂夫
1952年生まれ。東京都立向ヶ丘高校卒業と同時に家業の和菓子店「岡埜栄泉(おかの_えいせん)」に入店。和菓子職人の修行の道に入る。1986年頃から春日通り収用計画(道幅拡幅工事)に因り和菓子店も建直しを余儀なくされる。新築する建物に“賃貸住宅併設計画“をした為”宅地建物取引士“の資格取得を目指す。1987年、資格を取得と同時にエイセンハウス有限会社(商号は「岡埜栄泉」のエイセンから)設立。平成7年和菓子店「岡埜栄泉」は閉店し不動産業に専念し今日に至る。

記事の更新日:

PAGE TOP