エイセン通信10月号から『シーズン前に空室対策は』

”イメージ写真はエイセン通信10月号です”

今月号のタイトルは『空室対策を考える3つのポイント』と題しています。以前にも空室対策に付きまして記載して参りましたが、例年では年末年始〜春先にかけまして賃貸のシーズンを迎えます。今後の対策にもお役に立てて頂けますようますよう再度記載してみました。

エイセン通信10月号では、ある地方で経営をされていますオーナー様からの例で記載しましたが、本ブログでは過去ブログの例を基に再記載をいたします。

【まず最初に3つの「ポイント」とは?】

1.物件の価値と募集条件が合致しているか!?

2.物件の募集活動はどうでしょうか!?

3.他物件との差別化が図られていますか!?以上の3点を考えて参りたいと思います。


【(件の価値と募集条件が合致(バランスが)しているか】

この件に関しまして以前から「家賃(賃料)」は「6つの要素(錘)」の合計が関係しています、と記載していたと思います。今回もまた同じ事の繰り返しとなりますが、この考え方に変更はありません。

家賃を構成している6つの要素(錘)とは『建物・部屋・設備・場所・契約条件・サービス』です。如何でしょうか!見直しが必要であれば再検討すべきと思われます。

【∧件の募集活動はどうですか】

募集活動を依頼されています不動産業者さんのホームページや代表的なポータルサイト等の公開状況を、たまにはご覧になったら如何でしょうか。例えば2〜3社に依頼していたとしましても、情報発信コメントにもそれぞれ相違があるかもしれませんね。

【B召瞭吋織ぅ廚箸虜絞眠修図れていますか】

エイセンハウスは、このの差別化が今後にとりまして一番大切な事と考えています。差別化を考える場合ですが、最初に述べました,裡兇弔陵彖如平遏砲瞭癲△匹陵彖任魘化すればを検討することをお奨めいたします。

6つの内全ては無理としましても、例えば1つでも他物件より勝っていることをアピール出来れば、十分に他と対抗できるものと思います。是非ともご検討をお願いしたいと思います。

        

記事の更新日:

PAGE TOP