■スタッフブログ - お役立「オーナー様へ」

文京区春日2丁目所在『RC造5階建事務所ビル一棟』専任にて売却承りました。
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

<イメージ写真は売却を承りました事務所ビルの外観写真です>春日通りから20メートル程入った南道路に立地しています事務所ビルです。その昔は、現所有者様の両親が4・5階に住んでおられました。その後、ご両親もお亡くなりになれれたのを機会に、建物全体を賃貸に出されました。只今順調に満室にて賃貸中です(...

改正民法『賃貸物の一部滅失等に因る賃料の減額』(新611条)の影響
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

2020年4月から施行されます新しい民法の内容の内、賃貸契約に影響を与えると思われます事柄に付きまして記載して参りたいと存じます。今回取り上げさせて頂く内容はオーナー様の賃貸経営にとりまして、大変重要な改正点の一つでがございます。そのテーマは『賃貸物の一部滅失等に因る賃料の減額等(新法611条...

『かぼちゃの馬車事件』を振り返り投資ブームですが慎重に!
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

『かぼちゃの馬車』のニュースは既に皆様はご存知のことと思います。多くの投資家(個人様)の方が犠牲になられましたね。その殆どの方、高額所得者だとのニュースでしたが、何故?このような事件がその様な方を巻き込んで繰り返されたのか!考えてみたいと思いました。私は2年程前ですが某学校の先生に不動産投資の...

長らく賃貸管理を頂いておりましたオーナー様より売却依頼を専任にて承りました。
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

<イメージ写真は売却を承りましたマンション『シャルマン小石川』の外観写真です>                     エイセンハウスにて永らく賃貸管理をさせて頂いておりましたが、この度入居者様の退去を機会にオーナー様より売却のご依頼を専任にて承りました。現在は空室となっていますので内覧も可能...

気が重くなるような時期ですね〜の 花粉症対策で付加価値アップを目論みましょう! 
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

<イメージ写真は桜の季節の伝通院さん境内の写真です。境内にはそれこそ見事な枝垂桜もあり、お花見の絶好のスポットと思います。その季節には皆様お揃いでお運び願います>エイセン通信の中でもご紹介させて頂きました。昔でしたら梅雨時期の必需品かもしれませんが、近頃の「花粉症対策」にも有効かもしれません。...

気が重くなるような時期ですね〜の 岾猟蠖醜陝徊困譴困法 
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

<イメージ写真はエイセンハウスのコンパクトな管理看板です。弊社のカラーであります緑主体で作成しました。他で良く目につく赤+ブルーの看板とは一線を画しています。オーナー様にも好評です>カレンダーも残り1枚ともなってきますと毎年恒例でもあります、気が重くなるような時期が到来をしますね。何かと申しま...

今期、不動産収益拡大息切れ感?通期見通し上方修正せず据え置きに。
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

<イメージ写真はタイトルにも記載しました新聞記事です>新聞記事に因りますと不動産ブームの終わりは近いーー不動産大手が発表した連結決算に現れているそうです。ここ数年は大手各社とも不動産価格の上昇を追い風に収益を拡大して来たが、どうやら今期は其の息切れ感が目立つそうです。国内市況の改善にともない各...

数字で見る相続『昨年度より50件も増え1,300件にも』??
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

 毎月1回ですが恒例となっています(勝手に思っているのですが)相続贈与マガジンからのお話です。『数字で見る相続:1,300件にも!』とは?で記載して参りたいと思います。結論から申し上げますと1,300件の数字は相続税に於けます重加算税が賦課された件数です。何と昨年度の1,250件から50件も増...

『相続トラブルの80%』どの様なケースで起きるのか! 
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

<イメージ写真は後楽園の東京ドーム球場です> ´△筏載して参りましたが、最終では注意すべき基本的な事柄に付きまして記載して参りたいと思います。この注意点は本ブログにても以前より取りあげまして説明させて頂いています事項ともなります。【(1)被相続人様の財産は自由に処分できるのですが、、】誰し...

『相続トラブルの80%』どの様なケースで起きるのか! 
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

<イメージ写真はエイセンハウスのロゴマークです>前回事例のお浚いを:【事 例】Aさんには3人の子供さんがいます。長女・次女は既に所帯をもちマンションで生活をしています。三女はと申しますとAさんと実家にて同居中です。Aさんの配偶者(夫)は既に他界しています。このような状態でAさんは、将来的に相続...

PAGE TOP