お盆休みに『近隣の公園散歩のハシゴ』などは?但し、猛暑の時間帯は避け、且つ熱中症には充分にご注意を!

イメージ写真は茗荷谷駅前の窪町東公園内の様子です。今回の『公園のハシゴ』は此方の窪町東公園からスタートしましょう。

丸ノ内線「茗荷谷駅前」というイメージでは商業施設バカリ?と思っておられます方も多いかと思いますが、駅前の大通り、春日通りをチョット入りますと、、緑豊かな公園になっています。
窪町東公園のご案内はこちらからご覧下さい👇(1)

公園と言うより!?遊歩道?の感覚かもしれませんね。

         

公園の緑を眺めつつ坂(湯立坂)を下って行きます、と坂の左手には公園が続いています。

            

👆(2)の表示が出ています(写真は少々昔の物でして今現在は確か「工事中」だったと思いますが、一部分ですので散歩程度でしたらOKと思いますので、こちらからご確認願います。
 


👇(3)茗荷谷駅に戻りまして、すみませんが信号を渡って頂きます。と、其処は「小日向(コヒナタ)4丁目になります。住宅街の中を進んで頂きます。「小日向2丁目」には可愛らしい名称の公園があります。その名も「かめ公園」。謂れ、気になりますね。こちらからどうぞ!

              




「かめ公園」まで歩いて参りますと「最寄り駅はもう有楽町線・江戸川橋駅」となります。が、江戸川橋駅方向には行かず、小日向の住宅街を横切って頂きますと其処は「大塚」と言う地名になります。
豊島区にも「大塚地名」有りますが文京区の大塚は1丁目〜6丁目まで、あります。



次の公園は、この「大塚1丁目」の何故か?「新大塚公園」です。👇(4)丸ノ内線の駅に「新大塚駅」も有りますが、、多分、、大塚に「新しく出来た」公園で「新大塚公園」、、未確認です。
新大塚公園はこちらからどうぞ。
          
             
          

此処でまたまた恐縮ではございますが春日通り沿いを歩き「茗荷谷駅」に戻って頂きます。茗荷谷駅から春日通りを「後楽園駅」方向歩いて頂き、1つ目の信号を渡って頂きます。其処は小石川5丁目の住宅街となります。「小石川」に有ります公園を4ヶ所ほどご紹介と思います。


まづ第1番目の公園は👇(5)小石川5丁目の「ホボ真ん中」の位置に有ります「竹早(タケハヤ)公園」のご紹介です。テニスコートも併設され隣は「図書館」、小石川の高台の立地、文京区でも人気の高いエリアとなっています。竹早公園はこちらからどうぞ。

             



第2番目は👇(6)同じ小石川5丁目の「久堅(ヒサカタ)公園」です。こちらの公園は高台からヤヤ坂道を下った場所にございます。「久堅保育園」が隣に設置されています。此方も住宅街の真ん中なので「車」等の事故に付いての心配はあまり無いと思われますね。久堅公園はこちらからどうぞ。

            
           


小石川5丁目から住宅街を「小石川4丁目」方向(後楽園駅方向に向かって)進んで頂きます。
第3番目は👇(7)「小石川4丁目児童遊園」です。「公園」と「児童遊園」の違い!?、、後日までに調査をしておきますが、文京区には「公園」「児童遊園」含めますとかなりの数、となります。この児童遊園も当然の事!「住宅街の真ん中」の立地ですので「安心・安全」と言えると思われます。
小石川4丁目児童遊園はこちらからどうぞ。



              

   

今回の公園ブログのシンガリは珍しい名称の公園です(珍しくも無い!と言う方もおられますが、)第4番目は👇(8)小石川3丁目に有ります「井上公園」です。何故か、この公園には「人物の名前」が付いているようです。〇〇〇さんの寄付によって出来た公園なのでしょうか。もし、そうであれば近隣の方々にとっては多変嬉しいことと思いますね。小石川3丁目「井上公園」はこちらからどうぞ。



                  



本日は大変お疲れさまでした。お腹も減ってくる頃合いと思います。後楽園駅への帰りの道すがらイタリアンレストラン「青いナポリ」で腹ごしらえ、等は如何でしょうか👇



             



ようやく後楽園駅が見えて参ります。お疲れさまでした。👇写真中央の通りを真っ直ぐ歩いて頂きますと「文京シビックセンター(文京区役所)」となります。後楽園駅とも地下通路で結ばれています。

              
    


 



【この記事を書いた人】
エイセンハウス有限会社 代表 岡野茂夫
1952年生まれ。東京都立向ヶ丘高校卒業と同時に家業の和菓子店「岡埜栄泉(おかの_えいせん)」に入店。和菓子職人の修行の道に入る。1986年頃から春日通り収用計画(道幅拡幅工事)に因り和菓子店も建直しを余儀なくされる。新築する建物に“賃貸住宅併設計画“をした為”宅地建物取引士“の資格取得を目指す。1987年、資格を取得と同時にエイセンハウス有限会社(商号は「岡埜栄泉」のエイセンから)設立。平成7年和菓子店「岡埜栄泉」は閉店し不動産業に専念し今日に至る。

記事の更新日:

PAGE TOP