■スタッフブログ - お役立「管理担当奮戦記」

プラス1効果!『プチリノベ』は効果大!お試し余地、大の予想。浴室乾燥機設置も可能かも!
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

<緊急のお知らせです!是非ともご覧願います>エイセンハウス管理物件の原状回復工事中の出来事をご連絡したいと思いました。勿論『プチリノベ』に関しましてのお知らせです。其れは何かと申しますと、何と「後付け」で『浴室乾燥機』が取り付けられることが解りました。タマタマ浴室の「型」と浴室天井の換気扇の形...

オーナー様:築後20〜25年経過の住宅での要注意点検箇所は?『エルボ』かもしれません。
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

<オーナー様、イメージ写真は某住宅設備の或る一部分ですがお解りでしょうか!?決して、よく似てはいますが「煙管の頭」では有りません!、、煙管?古いかな〜?(絶対古いです!)> もしも、ご興味頂けましたならば続きを是非ともお読み頂ければと思います。オーナー様にとりましても今後の「某対策」をお考えに...

管理担当『オーナー様の為なら東へ西へ』厭いません!
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

  下の写真は4線(丸ノ内線・三田線・南北線・大江戸線)2駅(後楽園駅・春日駅)も利用可能で大変便利な「後楽園駅」への入り口の様子です。チョット足を延ばして頂くと「JR水道橋駅」も徒歩圏内です。           エイセンハウスは創業当時から”地元密着営業&rdq...

「修繕計画は必要ですよ」 〃物竣工後20年前後の物件のオーナー様お考えの時期です。
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

<イメージ写真はエイセンハウス管理物件のフローリング床改修工事の様子です。水回りの修繕時に「音対策」も兼ねての工事です。↓に進捗様子の写真を掲載しておきますのでご覧になって下さい。この写真の説明は後日のブログにてご紹介させて頂きます>@今回のテーマは「修繕計画」についてです。某日懇意にさせて...

「修繕計画は必要ですよ」◆〃物竣工後20年前後の物件のオーナー様お考えの時期です。
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

<イメージ写真はエイセンハウス管理物件のフローリング床改修工事の様子です。30年近くにもなりますと一番の弱みは何と云っても「水回り」となります。その改修工事の際のついでに「音対策」も兼ねましてのフローリング貼替工事の様子です>@多くのオーナー様は「修繕計画」が大事であることはご理解されているも...

「修繕計画は必要ですよ」 建物竣工後20年前後の物件のオーナー様お考えの時期です。
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

<イメージ写真はエイセンハウス管理物件のフローリング床改修工事の様子です。水回り工事で床も外しますので、そのついでに「音対策」も、との考えです。階下への響きが激減するような対策工事です。考え方は「二重床にする」と言うものです。その機具(束と言います)の拡大写真が下の物です。対策工事のブログは後...

【水漏れ修繕がダントツ】トイレ給水管繋ぎの水漏れ結構多し。退去後の原状回復工事の際の点検は必須ですね。
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

『イメージ写真はエイセンハウスの管理看板です。大きさはA4サイズ程。色合いも白地にエイセンのメインカラーの緑での文字。巷で良く見かけます赤と青の看板とは大違いです。実際に付させて頂けてますオーナー様からも好印象を頂いております』以前ブログでの給水管エルボからの水漏れ事件に続きまして、今回もまた...

オーナー様『残置物』表現は止めて『全て設備』に変えていきませんか!
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

『イメージ写真はエイセンハウスの店内の様子です』以下のブログは2019年の正月早々に記載しました内容ですが、来年、2020年4月からスタートします『改正民法』の内、オーナー様の修繕義務に関します事柄に関係してくるものと思いましたので、リライト記事とさせて頂きました。今後の流れですが、貸主様、借...

暴風雨!嫌な予感が当たりました「火災報知器」誤発報! 
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

ゲリラ豪雨・異常気象・地球温暖化・大きな竜巻まで!、、近頃になりまして(自分の若かりし頃?には想像も付かなかった、と思われるのですが?)ニュースや新聞記事でも見たり、聞いたりすることが多く成っていると思います。また、これからが台風発生の本番(?)の季節ですね。そこで今回はオーナー様にとりまして...

「プチリノベの技」駆使!結果、大変喜んで頂けました『1R系オーナー様にも喜んで頂けるかもしれません』
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

昨今のお話ですが「リノベーション」とか「リノベル」とか、さらに短く「リベル」等との言葉を耳にすることが多くなってきました。住宅関係で申しますと「中古物件」に手を加えまして、より快適な住まいに変化させる、みたいなイメージではないでしょうか。以下のブログですが今年の春先(2019.4.2)に再度の...

PAGE TOP