12月の嵐(2015年12月12日の記事)【12月の「嵐?」エルニーニュ現象の凄さ!見せつけられました。】

==2021.5.20==再々の掲載で大変恐縮なのですが。

ここ2〜3日の天気予報を見ていますと、何やら例年より「梅雨入り」が早いそうで。しかしながら、早く梅雨入りしたのは良いのですが、、「明け」は??例年通り、、?嫌になりますね!
ニュースでは早くも大雨で「水害発生」の情報が伝えられています。エイセンハウスでも大雨で店内に浸水被害を受けました。土嚢の用意や浸水した際の雑巾の用意などなど準備が必要ですね。


==2021.2.22==【最近の、と言いますか、ここ何年か前から続いていると思われます異常気象、ここらで本当に何とか考えませんと、と思いますね。我が日本でも日本海側での大雪、アメリカでも厳しいい寒波で亡くなった方も、、などのニュースがほぼ毎日のように報道されています。エイセンのブログでも2015年12月12日付で風害に因る内容を記載していました。風の力(自然の力)こんなにも!!です。再再掲載させて頂きました。宜しければご覧願います。脱炭素社会早く来れば良いですね!】


『2015年12月12日の記事ですがエイセンハウス隣の路地に建っていました「電柱」が、嵐のような突風にて根元から倒壊してしまいました。大自然の力の前では如何にITの技術をもってしても!無力!?なんでしょうか』



👇以下は当時の記事です。




エルニーニョ現象の関係で12月11日は
嵐になりましたね。



私はいつも子供2人をママチャリで保育園に送ってから会社に向かいます。

朝起きた瞬間から、いつもより早く家を出るためのオペレーションを開始。

検温、着替え、朝食、連絡帳記入・・・と、食後のデザートで釣ったおかげで

いつもより早めに登園準備完了させました!

でも、いざ外に出てみると、子供を乗せて、レインカバーをするだけでスーツがびしょ濡れ。

戦意喪失です。

しかし、この暴風雨。

子供たちにとっては、むしろ戦意高揚に繋がるようです。。

なんとかミッションが完了し、通勤の電車から降りたときに感じた生暖かい南風は異様でした。

コート着用では暑いな、と思っていると20°越え。

140年の12月の観測記録の中で最高記録だったとのこと。

出社直後、パトカーや白バイが何台も路上にいることに気づきました。

何か事件か?

と外に出てみると・・

電柱が斜めになっていました。

南風が新宿方面から吹いてきて、北側の小石川の台地を駆け登り春日通りに出るとき

(春日通りは両サイド商業地域で容積率600% 最高限度高さ46m 15F程度のマンションが建ちます)

結構強いビル風になるんです。

でも、そこからの怒涛の復旧作業で夜のうちに仮復旧。

今朝見るとこんな感じになってました。

業者さんの底力、日本のインフラ整備の高度なところを

肌で感じた今回の出来事でした。



【この記事を書いた人】
エイセンハウス有限会社 代表 岡野茂夫
1952年生まれ。東京都立向ヶ丘高校卒業と同時に家業の和菓子店「岡埜栄泉(おかの_えいせん)」に入店。和菓子職人の修行の道に入る。1986年頃から春日通り収用計画(道幅拡幅工事)に因り和菓子店も建直しを余儀なくされる。新築する建物に“賃貸住宅併設計画“をした為”宅地建物取引士“の資格取得を目指す。1987年、資格を取得と同時にエイセンハウス有限会社(商号は「岡埜栄泉」のエイセンから)設立。平成7年和菓子店「岡埜栄泉」は閉店し不動産業に専念し今日に至る。

記事の更新日:

PAGE TOP