管理物件近くに「撮り鉄」の聖地が新たに誕生か!!??『まだホボ毎日の如く2名様ほどお見掛けします』レンズは池袋方向に。

イメージ写真はエイセンハウス管理物件の屋上近くから丸ノ内線、線路の様子を写した写真です。因みに写真上方⇒後楽園駅方向で、下方⇒終点の池袋駅方向です。で、撮り鉄様は何気?に何時も、誰でもなのですがアングル的には、池袋方向にレンズを向けている方が殆どです。後楽園方向よりも池袋方向に??撮り鉄様の興味方向なのですかね??

==ここから追記部分です==

つい最近なのですが「橋の補修工事」がありまして、橋の防護や危険防止のための「網の塀」も補修されました。補修された「網の塀」ですが、補修前と比べますとヤヤ「目が細かい」物となってしまい、「撮り鉄様」の撮影がし辛くなったのではないかな?と思います(余計なお世話様?かもしれません)

==2021.1.18==

本日も2人で肩から大きな望遠レンズが付きました、見た目にも(素人の私目にも)分かるような高額そうなカメラを持った若者が、朝早くから陣取っていました。多分、、毎日と言っても良い位の頻度で見かけるようになっている気がします。私などにはわかりませんが、、ヒョットしまして「その筋(撮り鉄様の間では)」では少々有名なポジション??、、なのかもしれませんね。

===

始めのころではあまり気にもしなかったのですが、ホボ毎日とも成りますと誰しも気になりだすものですね。何が気になりだしのかと申しますと、毎朝決まって(ホボですが)と、ある場所に若い男性が1〜2人、多い日には3〜4人で同じような恰好(スタイル)で談笑をしています。

では、どの様なスタイルかと言うと「活動しやすい服装」で皆様其々に必ず或る物を持参しておられます。或る物とは、、その通り「カメラ」ですね!我々(私目ダケかもしれませんが)はトンと興味がございませんのですが、撮り鉄の方々にとりましては絶好のビュースポット?のようです。

では、どの様なビューなのかと申しますと以下の写真の如くです。👇

@下の写真はエイセンハウスが管理をしております物件の屋上付近から眺めた写真です。丸ノ内線の線路が良く見えてますね〜(この写真は管理物件ならでは、ですね)

          


此処で昔から春日2丁目界隈で囁かれている噂話ってご存知ですか!?本ブログでも以前記載したことがあるのですが、、「撮り鉄の方々」はご存知でしたでしょうか!?ただ、噂話の事ですので「真偽」の程は定かではございません(一応お断りをさせて頂きた上で、)
実は、かれこれ相当な昔の事なのですが地域の重鎮の方々が相談し「丸ノ内線の駅を招致しよう!」と盛り上がった時期があったそうです。ではどの辺が候補地に挙がったかと申しますと!後楽園駅と茗荷谷駅との真ん中辺の我が春日2丁目近辺だったそうです。其処で次からの写真をご覧願いたい👇


@遠目からの写真ですが左中程の白い建物の下が何やら「平」になっている様に見えるかと思います。

           
        

@と、其処に後楽園駅方向から丸ノ内線の車両が先ほどの平らな面に近づきます。 
          
           


@さて!如何でしょう。この写真で見ますと「駅」に停車している様に見えますね〜!幻の駅、勝手に名前を付けますと「春日2丁目駅」、、皆様は信じて頂けるでしょうか?

           


@お話を戻します。「撮り鉄様」の新聖地??は此処になるかもしれません👇

           


@本当の事になるかもしれません。今日も又或るお一人の撮り鉄様と思しき方がいらっしゃいました。

           


☝上の写真はエイセンハウス管理物件のレックスハイツ文京春日のエントランス付近からの撮影。

@レックスハイツ文京春日に関します賃貸情報はこちらからどうぞ。
 尚、ご成約済みの場合はご容赦願います。



『撮り鉄様の気分を味わって?来ました』
今朝出社前に本ブログの事を思い出しまして、どの様な景色なのか!?見て参りました。👇の如くでしたが、素人目のアングルのため「本職の撮り鉄様」にはご容赦願います。


            


正面やや左方向の少々霞んでいます建物は「池袋のサンシャイン60」です。こんなアングルなどと!撮り鉄様にはお叱りを受けるかもしれませんが、何分素人が撮った写真とのことで、お許しを。と、考えていました所「茗荷谷駅」方向からの列車が見えてきました。👇

         

またまた、お叱りを頂くような写真かもしれませんが、、そう言えば、まだ子供たちが小さかった頃には良く此処に列車を見に連れてきた事を思い出しました。子供たちが列車に向かって手を振ると、運転手さんも手を振って答えてくれていました、、懐かしいですね!


【この記事を書いた人】
エイセンハウス有限会社 代表 岡野茂夫
1952年生まれ。東京都立向ヶ丘高校卒業と同時に家業の和菓子店「岡埜栄泉(おかの_えいせん)」に入店。和菓子職人の修行の道に入る。1986年頃から春日通り収用計画(道幅拡幅工事)に因り和菓子店も建直しを余儀なくされる。新築する建物に“賃貸住宅併設計画“をした為”宅地建物取引士“の資格取得を目指す。1987年、資格を取得と同時にエイセンハウス有限会社(商号は「岡埜栄泉」のエイセンから)設立。平成7年和菓子店「岡埜栄泉」は閉店し不動産業に専念し今日に至る。

記事の更新日:

PAGE TOP