入居中クレーム中、常に上位3位以内に入っています「漏水による被害」【何処からなの??水の被害、非常に解りづらく厄介です。

漏水対応に関しましては、今回も含め、以前でもご紹介をしております。入居中クレームの内、常時ベスト3入りを果たしています。原因は何処からなのか??簡単には解らないことも大変厄介でもあります。其の上、放っておきますと、これまた、被害は甚大になりかねません。事実、エイセンハウス管理物件でも「水浸し」の被害を被った経験がございます。

ここに来まして2件ほど修繕依頼がございました。2件共同じ箇所で「給湯管」からの水漏れでした。本ブログ中段に「給湯管のエルボ(L字型になっているので)」の写真を貼付していますが、1件はピンホールが原因、もう1件はエルボの丁度曲がった部分(曲がり部分は年月の経過と共に薄く弱くなるので水圧に耐えられなくなる)からの水漏れでした。また、運が悪いことに自室だけでなく階下の方への被害も与えてしまいました。

ここで、下記に記載しています『管理スタッフ・クマのレポート』から漏水トラブルの種類を5つほど挙げてみたいと思います。
ゞ軋留漏り:築年問わず施工不良や老朽化で発生する雨漏り。
排水不良:トイレ、台所、洗面所、風呂で不衛生と思われます漏水で不満が額発します。
5訖緝堽鼻突発的に発生し、発見が遅れますと被害が甚大になります(例:給湯管ピンホール等)
て居者の不手際:大量の水こぼし、洗濯機のホース外れ等ですが問題の箇所は比較的解りやすい。
➄極端な結露:漏水とは違うと思いますが、初期段階での漏水との区別が難しい。


以下👇👇👇是非お目通し頂ければと思います。少々見ずらい点はご容赦願います。






給湯管「エルボ」ピンフォール原因に因る水漏れ記載ブログ。こちらからお読み頂ければと思います。
下の写真で赤丸で囲っている部分の中央当たり、小さな「穴」が開いているのが見えると思います。これがピンホールと言われているものです。えっ!こんなに小さな穴!!でも、被害は甚大です。

              



☆気分を変えまして、我が文京区のご案内マップです👇👇のんびりお散歩して頂ければと思います☆

【この記事を書いた人】
エイセンハウス有限会社 代表 岡野茂夫
1952年生まれ。東京都立向ヶ丘高校卒業と同時に家業の和菓子店「岡埜栄泉(おかの_えいせん)」に入店。和菓子職人の修行の道に入る。1986年頃から春日通り収用計画(道幅拡幅工事)に因り和菓子店も建直しを余儀なくされる。新築する建物に“賃貸住宅併設計画“をした為”宅地建物取引士“の資格取得を目指す。1987年、資格を取得と同時にエイセンハウス有限会社(商号は「岡埜栄泉」のエイセンから)設立。平成7年和菓子店「岡埜栄泉」は閉店し不動産業に専念し今日に至る。

記事の更新日:

PAGE TOP