不動産ブログ

不動産ブログ

ブログ一覧

【誰しも目の前が気になるのは当たり前ですが^^】

少々生意気なことを書かせて頂きます。

エイセン関連会社が約30年ほど前、昭和62年に賃貸住宅建設を計画し、翌年63年に竣工をさせました。

以後30年、お陰様にて何とか乗り切って参りました。

【大家さん家業は長い目で】

30年近く「大家さん家業」を行ってきて感じていることは、いかに長期間、大幅な変動リスクを防げるか!が成功の秘訣と思いました。では、

その長期間とはどの程度でしょうか。

例を挙げさせて頂ければ銀行で建設資金を借り入れた場合には、その返済期間ということになります。

至極単純な事柄です。

その期間中について「大幅な変動(賃料の増減等)リスク」を、どの程度回避出来るかどうかが「肝」なのだと思います。

【家賃収入での大儲けは不可能?】

大家さん家業は一定期間、安定した賃料収入を追求するべきで、例え「バブル」になったとしても「大儲け?」は無理と思われ、また「大儲け」追ってはダメだと感じました。

安定的に賃料収入が得られるように考えることが非常に大事と思います。要は、30年間なら30年間を安定的に、という考え方がベストだと信じています。

【情勢の変化で山あり谷ありですが】

自分では、そのように、と思っていても世の中の情勢如何では、どうにもならない事柄は当然ありあますね。

一番に思いつくのは「金利」かもしれません。

現在は最低水準かと思いますが、いつかは「上昇」に転じることもありますね。

その他で気になることは「修繕費」これもまた結構な数字(金額)となります。

【目の前の出来事、確かに大変気になります、が】

そこで、ご提案したいことは今後の「計画」を立てる事です。

それには先ず、オーナー様の物件の「現在の状態」を知ることが大事になると思います。

その上で中期間でもOKですので「計画(修繕なら修繕の)」を立てられたら如何でしょうか。

【何なりとご相談下さい】

約30年間、エイセン関連の賃貸住宅運営の経験値がございます。

入居者募集〜入居中の管理〜退去立会〜原状回復工事

まで一貫して行って参りました。

また、当然のことですが借り主様入居中の修繕なども手がけて参りました。

どうぞお気軽にご連絡下さい。お待ちしております。

@下は2017。12。22付日経新聞の記事です。

今回ブログとは関係なさそうな経済関係記事ですが、目先ダケ考えても、という内容ダケは合致しているかもしれませんね。

        

更新日時 : 2017年12月26日 | この記事へのリンク : 

<<築後20年以降のオーナー様!皆さん同じお悩みございます。     |  ブログ トップへ  |  某オーナー様より緊急のお願いが!「そりゃ〜大変だ!」>>   



ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2018年04月        >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930         

最近見た物件 (0)