今年人気癸永元区立中学校は。「音羽中学校」か〜!

いよいよ入学式の頃と成ってきました。

我が母校「文京区立茗台中学校」も4月7日に入学式を行います。

自分の中学校時代を思い出しますと同期の友人は240名ほどですが、何と3分の1ほどの友人は、所謂「越境入学者(学区域外からの入学)」でした。

この人数は結構多い、と思います。

中学卒業後の高校進学でも自分より一級上の先輩方から「学校群制度」での都立高校の入試となりました。

「学校群」懐かしい言葉に成ってしまいましたね〜〜。

余談ですが自分の高校時代は「フオークソングの全盛」でした!

話はガラリと変わります。

現在、文京区での区立中学校の進学は「選択制」となっています。

要するに行きたいと思った学校を希望することが出来ます。

昨年までは我が母校「茗台中学校」が人気癸韻世辰燭里任垢、今年は何と「音羽中学校」に、その座をどうやら奪われてしまったようです。

やはり一番新しい学校には「勝てないな!」と思っています。

環境も「音羽中学校は住宅街の中」ですが「茗台中学校は春日通り沿い」立地も違ってはいます。

以下「音羽中学校」を写真にてご紹介させていただきます。

また、音羽中学校は区立中学校2校が合併してできた中学校でもあります(区立第5・第7中学校が合併)

それでは合併前はどうだったかと申しますと、私が茗台中学校に通学していた頃には文京区の「教育センター」という建物が建っていました。

建物の中には「プラネタリウム」が有り理科の校外学習等に利用されていました。

自分も友人3人(内女子生徒1人)とで放課後だったと思いますが「理科の特別学習」に参加した記憶があります。

そこで初めて「〇〇〇」の解剖実験を体験しました。@その際の記憶で全くの余談ですが、、、

女子って意外に「平気に〇〇〇するんだな〜」の感想を持ちました。

失言!平に!お許しを!

@音羽中学校外観写真

            

@学校前の道路を挟んだ前にあります公園の風景です。

                 

         

@学校の隣は「跡見学園(女子中・高)」の裏門になっています。

        

@因みにですが・・我が母校「茗台中学校」の外観写真です。

          

記事の更新日:

PAGE TOP