後楽園よりも茗荷谷で助かった話??(さて皆様のご感想は如何でしょうか)

『イメージ写真は「丸の内線茗荷谷駅」の春日通りを渡った目の前に有ります「通称:教育の森公園」内の様子です。最近ですが公園内の建物等がリニューアルされました。建物にはプール、卓球所等々が整備されています』

弊社エイセンハウスは、丸の内線:茗荷谷駅と後楽園駅のちょうど中間くらいに立地しています。どちらの駅からも徒歩約10〜13分程度です(お客様には駅前店舗でなくて申し訳ございませんが、)

そこで、
お客様から良く尋ねられますのは「何方からの方が来やすいですか?近いですか?」とのご質問です。

エイセンハウスでの何時ものお答えは、
「茗荷谷駅」からの方が「道はフラット(平坦=坂は無し)で楽だと思います」そうです!茗荷谷駅からエイセンハウスの方が、道が平坦で歩くのも「楽」なのです。

只々歩くだけでは多分ですが「茗荷谷駅」に軍配が挙がるとは思われます、が、
皆さんは「茗荷谷駅・後楽園駅」どちらが好きですか?

あなたは茗荷谷派?後楽園派?う〜ん、甲乙つけがたい!

ミュージシャンの椎名林檎さんの名曲、
「丸の内サディスティック」には、後楽園は登場しますが
茗荷谷は登場しないのです…。
椎名林檎さんは後楽園派なのでしょうか。

後楽園のほうが遊園地もあり、
名前が知られているかと思いますが、
茗荷谷もすごくいいところです。

わたし、個人的には、後楽園よりも茗荷谷派です。

「あ〜!茗荷谷に住んでてよかったあ〜!」と
何度思ったことでしょうか。

それは、池袋から終電で帰宅する時、にです。

なぜなら、 池袋からの丸の内線の最終は、

茗荷谷駅止まりなのです!!

最終で帰っても、帰宅できる安心感、

そこは俄然、茗荷谷かと。後楽園派の皆様、ゴメンナサイ…。

冒頭でご紹介した椎名林檎さんの曲、丸の内サディスティックでは

「終電で池袋から帰る」というような歌詞が出てきます。

もしかしたら、茗荷谷泊りで降りたのかも?笑

お引越しされたら、終電の時間のチェックも大切ですね!^^

茗荷谷の物件は エイセンハウスまで!!


【この記事を書いた人】
エイセンハウス有限会社 代表 岡野茂夫
1952年生まれ。東京都立向ヶ丘高校卒業と同時に家業の和菓子店「岡埜栄泉(おかの_えいせん)」に入店。和菓子職人の修行の道に入る。1986年頃から春日通り収用計画(道幅拡幅工事)に因り和菓子店も建直しを余儀なくされる。新築する建物に“賃貸住宅併設計画“をした為”宅地建物取引士“の資格取得を目指す。1987年、資格を取得と同時にエイセンハウス有限会社(商号は「岡埜栄泉」のエイセンから)設立。平成7年和菓子店「岡埜栄泉」は閉店し不動産業に専念し今日に至る。

記事の更新日:

PAGE TOP