不動産ブログ

不動産ブログ

ブログ一覧

何か一つは「ご提案」を心がけています『6つの錘』リライト7 

”イメージ写真はエイセンハウスの管理看板です”

「エイセンハウスの管理のテーマ」は

『オーナー様(貸主様)の賃貸経営の安定収益の維持に貢献すること』を目的とし種々のご提案を心掛けております。

今回は 「契約条件」について考えて行きたいと思います。

【契約条件とは】

契約条件と申し上げますと即思いつくものには「敷金」「礼金」「共益費・管理費」など金銭面の事柄や、「女性限定」「単身者限定・学生さん限定」など入居者様の事柄が思い浮かぶと思います。

そこでこれらの要素を「変えたり」「緩和したり」して借主様が「入居しやすい」状態にしたら如何でしょうか、というご提案です。

【あまりお奨めしたくない要素は】

少々事例挙げてみます。

@礼金0物件:初期費用低減効果を狙った。

@フリーレント:最初の1ケ月は家賃無料などですが、郊外物件では効果がありますが。

@その他:無理にペットOK物件とする。

エイセンハウスでも過去にはこのような変更で募集をしてみましたが、目に見えるような効果はありませんでした。

この部分の変更を考えるより”別要素”でのカバーをお奨めいたします。

【効果が有ると思われます事柄は】

入居者様への事柄では。

@女性限定:オーナー様が女性の場合に良く選ばれる方法です。入居者様も”安心”されると思われます。

@学生さん限定:入居者様の年代が同じ場合、生活スタイルも似通っていると思われます。生活時間帯もホボ同様であれば”生活音”の苦情も減るかもしれませんね。

@最初からペット専用とする:無理やりでは無い場合には効果が有ると思います。共用部分に”専用設備(足洗い場等)付き”としたら尚効果は大と考えます。


更新日時 : 2018年07月20日 | この記事へのリンク : 

何か一つは「ご提案」を心がけています『6つの錘』リライト6 

”イメージ写真は家賃の要素とのバランスを量る秤です”

「エイセンハウスの管理のテーマ」は

『オーナー様(貸主様)の賃貸経営の安定収益の維持に貢献すること』を目的とし種々のご提案を心掛けております。

今回は6つの錘の内「場所」についてです。

【オーナー様の賃貸物件の所在です】

この場所は”立地”とも言えます。この立地の要素ダケは何ともし難いと思います。動かしようは有りません。動かしようが無いので”不動産”のですね。

弊社、エイセンハウスも最寄り駅の茗荷谷駅から徒歩約10分の所に店舗を構えています。

JRか営団でも結構ですので交渉して「駅」が目の前に有ったらな!などと考えたことも有りました。

また、大手スーパチェーンに掛け合い隣にでも出店して頂く^^無理ですよね!

では、では、、どうするどうする!?!?。

人間悩んで、悩んで大きくなる、、なんて悠長に考えていられないですね。

【考え方次第かもしれません】

今日日の方の”駅近く感覚は”徒歩5分以内位までのようです。

そうしますとエイセンハウスは、今日日の方の2倍の距離!で”遠いよね!”となってしまいます。然しながら、宣伝の仕方次第では^^共感の得られます方が必ずいらっしゃると考えました。距離感ではマイナスかもしれませんが、ある面ではプラス効果になるかもしれません。

【再度考えてみましょう】

クイズでは有りませんが^^駅近くのマイナス要素は?逆に駅遠いのプラス要素は?

@例えばですが、駅近くのマイナス要素は『人通りも当然多く煩いかもしれませんね』

@それに比べ駅遠くは『静かな住宅街を形成している可能性が大ですね』大きなプラス要素と成り得ると思います。

プラス要素を大いに宣伝して借りたい方にアピールしましょう!

@ですが、入居者様」へのサービスで思いついたのは”シェアバイスクル”などは如何でしょうか。

借りている方限定で使用可能な”自転車”を用意です。最近では”シェア自転車”の運営を始めた会社も出てきました。

エイセンハウスでは駐車場のオーナー様にご紹介をして大変喜んで頂いています。

賃貸住宅のオーナー様も御一考の余地はかなりあると思います。

            

         

更新日時 : 2018年07月19日 | この記事へのリンク : 

何か一つは「ご提案」を心がけています『6つの錘』リライト5 

”イメージ写真は後楽園近辺の商店街風景です”

「エイセンハウスの管理のテーマ」は

『オーナー様(貸主様)の賃貸経営の安定収益の維持に貢献すること』を目的とし種々のご提案を心掛けております。

今回は「建物」の要素に付き考えて行きたいと思います。

【建物にも要素が?】

不動産業者の営業マンがお客様(借りたい方)をご案内します。借りたい方がまず最初に目にするのは、建物の外観や周辺の様子ですね。「ここにしようかな?そうれともどうしようかな?」の判断はお部屋のご案内以前から既に始まっています。

@道路〜エントランス〜建物共用廊下を歩き〜お部屋前に〜実際にお部屋の見学まで辿り着けて始めてOKかNOのご返事となりますね。

【借りたい方はどのような判断か】

一番簡単な基準は、ご自身に置き換えて考えて頂ければ至極当然の事だと思います(この建物に住みたい!と感じて頂けるかです)

@玄関や共用廊下にゴミが散乱している。

@集合ポストには入りきらないチラシや新聞がはみ出ている、しかも床にも散乱している。

@建物の周辺の敷地は雑草が生い茂り手入れは殆どしていない様子。@玄関から共用廊下は薄暗く不安である。

@ゴミ置き場はあるがバケツが汚れていて不清潔である。

”安心感や清潔感”が感じることが出来ましたら、と、思いますね。

【プラス1を考えた場合には】

例えば@植栽や門扉・銘板を変えてみる。@外壁の一部にタイルを貼ってみる。雰囲気が「ガラリ」と変わることが有るかと思います。

それともう一つ、利点があります。

それは、建物外観を注意して見るようになりますと傷んで来ている部分が気になって来ると思います。見た目が悪くなるだけではなく建物の老朽化も早まってしまいます。

気が付いたら補修をする、結果大事になってからと比較しますと余分な費用を掛けなくて済むと思います。

@築30年程経過ている賃貸住宅の「裏玄関」の共用通路に「タイル」を貼ってみました。

入居者様には大変喜んで頂いています、とのオーナー様の言でした。

ビフォー         👇   

                 

アフター         👇           

                     

@@@如何でしょうか@@@

@塗装も建物を維持するには大変大事です。

http://www.eisen.ne.jp/blog_eisen_1_id_105697.html

更新日時 : 2018年07月17日 | この記事へのリンク : 

何か一つは「ご提案」を心がけています『6つの錘』リライト4 

”イメー写真は家賃とその構成要素とのバランスを計る秤です”

「エイセンハウスの管理のテーマ」は

『オーナー様(貸主様)の賃貸経営の安定収益の維持に貢献すること』を目的とし種々のご提案を心掛けております。

今回は6つの錘の内の「お部屋」に関するお話をしたいと思います。


【お部屋と言われ、即思われることは?】

オーナー様でしたら多分、即「間取りの変更!」とお答えされると思います。常に賃貸経営をお考えのオーナー様では至極当たり前のことと思います。

例えば、現在3DKの間取りとしましたら現在では人気の高い2LDKへ、更に2DKならば1LDKへと、なるかと思います。

但しです。現実的には「ハイ!そうですね!」とは簡単な問題ではありません。

エイセンハウス関連の賃貸住宅経営の会社でも課題として常に検討をしています。

しかし「計画を立て」「資金の準備」など将来に向けての”安定した収入(家賃収入)”の維持には重要な要素であると言えると思います。

【出来るところから始めませんか!】

今回は”始めの一歩”で実行可能な事柄をご提案したいと考えました。

@まずは「意外と安価」「イメージも結構変えられる」ことが出来ると思われます「壁クロス」についてご提案です。

殆どの賃貸住宅の物件で選ばれています壁クロスは「白基調の無地で無難な物」と思います。ここまではエイセンハウスでもある程度異議はございません。

そこでご提案です。”一部の壁面ダケ”でも構いませんので変化を付けては如何でしょうか!

俗に言われています所の”アクセントクロス”にです。LDKの壁1面ダケとか極端には”柱部分の面ダケ”でも経験有りますが、結構ガラット印象が変わることになります。

クロスの単価は通常の原状回復工事に使用する物と同単価で十分OKですので、同じ費用で”イメージアップ”如何でしょうか!

また、女性限定で募集されたいオーナー様でしたら、選べるクロス柄はもっと豊富になりそうですね。例えば「ピンク系」とか「図柄系」なんてことも有りかもしれません。

更にはこのような物も簡単に!以外と玄関廻りは不便かもしれません。何処かに”掛けたくても”引掛けておく場所もありません。

そこで”長押”を付けては如何ですか?チョットした工夫で大変便利になりますよ。単価も”お手頃価格”で安心ですね。

その他、本ブログでも種々ご紹介をさせていただいています。

結構入居者様に好評を頂けると感じていますのは”部屋干し”できる設備です。

春先の”花粉症対策”とか”梅雨時の対策”には最適と思います。

以下はご紹介ブログです。

窓枠のサイズや状態により取り付けられない場合もありますが、取り付けOKなら結構なインパクトになると思います。

http://www.eisen.ne.jp/blog_eisen_1_id_113398.html

このように”アイデア”はまだまだ出てくると思います。比較的安価な金額での可能性もありますので検討の余地は有ると思います。

エイセンハウスの担当者とお気軽にご相談しませんか。ご連絡お待ちしています。



更新日時 : 2018年07月16日 | この記事へのリンク : 

何か一つは「ご提案」を心がけています『6つの錘』リライト3 

”イメージ写真はエイセンハウス事務所内の管理登録証です”

「エイセンハウスの管理のテーマ」は

『オーナー様(貸主様)の賃貸経営の安定収益の維持に貢献すること』を目的とし種々のご提案を心掛けております。

今回は6つの錘の内の「設備」に関するお話をしたいと思います。

【今日日では当たり前になっていること】

オーナー様と設備に関することでお話する際、良く話題になることがあります。それは何か申しますと^^^「今時(設備として)は有るのが当たり前」ですよね、ということでございます。

その代表格は「エアコン」だと思います。自分の幼き時代を思い起こしますと^^それこそ”扇風機”が有ればまだ、ましな家庭だったような気がいたします(自分の家庭環境が、だったので、すみません)

それから「ウン十年」〜〜エアコンは当たり前、生まれた時から各家庭には有り、その中で生活をしてきました。

ファミリータイプの間取りであれば”各室エアコン設置済み”が普通の生活スタイルとなっています。

【エアコン設置には費用負担が要ですね】

そこで借主様に対し、あるアンケートを取ってみた結果が報告されています。どのような結果が得られたと思われますか?

@結果=”エアコン付き物件”で借主様は平均で2,000円〜3,000円程度の賃料のアップであれば、容認出来るとの結果が有るそうです。

@要は=借主様自身の設置が面倒、自分で購入したエアコンなので引っ越し時には持ち帰りたい^でも面倒ダナ〜等々の考えの様です。

【費用について考えてみます】

この結果から費用対効果について考えてみましょう。

『例としまして』

1.3,000円アップ×12ケ月×2年間契約=72,000円

の投資資金が得られると考えられます(家賃増額に因って)

2.そこで72,000円を使って新品のエアコンを新たに設置されては如何でしょうか。勿論オーナー様はエアコン代の”先払い”の形にはなりますが、回収可能な数字(金額)だと思われます。

3.エアコンの寿命は大体10年程度と言われたいますので、仮にその間に再募集となりましても”家賃の値下げ募集”を回避できると考えます。

【ご提案です】

不動産会社では月額3,000円の賃料値引き募集(値下げ募集)で開始出来れば、借主様を見つけやすいと思います。

しかしオーナー様は当然、以前より月額収入は減額となります。

エイセンハウスは”賃料維持”にはの考え方でオーナー様とのご相談に努めております。

それには上記のように72,000円の投資が必要となりますが、今後も値下げ募集しか”手”が無い事を考えれば、有効な投資案件と考える事が出来ると思います。

【実際にご提案し、実行した内容です】

オーナー様・借主様にも喜んで頂け案件を列挙させて頂きます。

混合水栓からシングルレバーへ交換。

普通のドアチャイムからモニター付きドアホンに交換。

部屋干し用のレールを取り付けた。

押入れ(収納)にハンガーが掛けられるようパイプを設置。

@チョットした工夫でも借主様に喜んで頂ける!大変グッドですね!

@安価な費用でも工夫次第で!!変わることも有りますよ!

次の回は「お部屋」に関して考えて行きたいと思います。

過去ブログ=======

@困った時のお助けマン・・・

 http://www.eisen.ne.jp/blog_eisen_1_id_105206.html

このサービスは入居者様に費用の負担を契約時にお願いしておりますが、例えばオーナー様が「半額は負担してあげますね!」とサービスして頂けましたらまた一つ「他物件と差別化」が出来るかもしれませんね!

更新日時 : 2018年07月14日 | この記事へのリンク : 

何か一つは「ご提案」を心がけています『6つの錘』リライト2 

”イメージ写真は教育の森公園入口です”

「エイセンハウスの管理のテーマ」は

『オーナー様(貸主様)の賃貸経営の安定収益の維持に貢献すること』を目的とし種々のご提案を心掛けております。

今回は前回内容の6つの錘の内の「サービス」に付きまして考えて行きたいと思います。

【ご自身では如何ですか】

自分の趣味の一つに「旅行」がありますが、皆さんはどのように「旅館・ホテル」を選んでいらっしゃいますか。

種々パンフレットを眺めて見ますと、何やら「☆マーク」が付いていて2ツ星だの4ツ星だのの評価が有りますね。

どこの旅館・ホテルでも多くのお客様に泊まりに来て頂きたいとの思

いで一生懸命工夫をされています。

【賃貸経営のオーナー様でしたら?】

そこで、賃貸住宅を経営されていますオーナー様にも是非とも同様の感覚に成って頂ければと考えます。

借主様(入居者様)へのサービスの質を上げることが正に他物件との差別化に繋がることと考えます。

では、具体的に考えて『長く居住して頂いている入居者様が得するルール作り』などは如何でしょうか。

例えば@4年毎に畳替えをしてあげる@上限金額は有りますが更新時に何か設備を取り付ける(又は取り換えてあげる)@プロのクリーニングを入れてあげる。

等々とにかくアイデアは沢山あるかと思います。借主様が喜んで頂けそうな事柄であればOkと思います。

【効果はブーメランでオーナー様に!】

また入居者様へのサービスですが、「得をする」のは入居者様だけではなく、結果として「オーナー様」への「得」としてリターンが有るものと思います。

何故か、、、

@入居率が常に高率にて安定する(空室期間が短くなる可能性)

入居者様が快適に暮らせるようサービスの質を上げます。

               👇

高率な入居率が保たれる(空室期間短くなります)

         👇

修繕費の軽減も可能(定期的に修繕の可能性もあるので)

         👇

オーナー様の賃貸経営安定に繋がる好循環が生まれると思います。

【ご参考】

共用部分の定期清掃に関します過去のブログです。ご参考までに。

http://www.eisen.ne.jp/blog_eisen_1_id_102244.html

次回は2ツ目の錘・・契約条件を考えて行きましょう。

更新日時 : 2018年07月12日 | この記事へのリンク : 

何か一つは「ご提案」を心がけています『6つの錘』リライト1 

”イメージ写真は「家賃と条件」のバランスを表しています”

「エイセンハウスの管理のテーマ」は

『オーナー様(貸主様)の賃貸経営の安定収益の維持に貢献すること』を目的とし種々のご提案を心掛けております。

【家賃を決める際の考え方は?】

誰しも「高い家賃」は頂きたいものですね。そこで、本日は家賃設定に関しまして一つの考え方を記載して参りたいと存じます。この考え方は”賃貸経営の収益増”にも係わる事柄とも思います。何故か?収益増には極力”空室期間を短く”が必要と思うからです。

【家賃の設定の要素を考える】

我々業者がオーナー様に良く尋ねられます事柄に「今どきの相場はどの位?」というお話がございます。確かに「相場」と言われる物は有るかと思います。

ですが、相場感覚より確かな設定感覚が有るものと考えています。

それは「家賃と要素」がマッチ(平行している)していることが大事であるものと思います。

要するに「家賃=物件の価値」であれば借主様は納得して借りて下さると思います。

【物件の価値(要素)とは何ですか?】

賃貸経営をされていますオーナー様は誰でもですが常にある秤を持っています。ただ、ご本人は全くと言っても宜しいほど気が付いていない方が多いと思います。

は、どのような秤かと申しますと下図のようなことと思います。

          

秤の左側には6つの錘が乗っています。どのような錘かと申しますと

『サービス・契約条件・部屋・設備・建物・場所』という錘です。

この6つの錘の合計が「価値(要素)」という考え方です。

右側の錘は何でしょうか。当然「家賃」ですね。

@この秤は「価値」と「家賃」のバランスを量っているのです。

【秤のバランスが崩れているとしましたら】

空室状態が長く続き決まらない物件が有ったとしましたら、それは左側の錘「価値」が右側の錘「家賃」より軽くなっているのではないでしょうか。

一つ一つの要素の合計を見直し家賃とのバランスを再度考え直しては如何でしょうか?

【エイセンハウスの考え方】

今時のお客様(借主様)は昔と全く違う探し方をしています。

どの様にかと申しますと、もうお解りとはぞんじますが「インターネット」で豊富な情報を感嘆に得ることができます。

借主様はその豊富な情報の中から、バランスの良い(借主様の希望に合った)と感じた物件にのみに問い合わせをして来ます。

借主様が不動産業者に来店する際には既にネット上にて殆ど比較検討の上見たい物件を指定して来ます。

昔のように来店後の相談は極端に減ってきているものと思われます。

ではどうするか、答えは2つ、「価値」を上げるか、「家賃」を下げるかだと思います。

エイセンハウスではこの2つの内「家賃を下げる」という選択は本当に最後の手段だと考えています。

@次回から「6つ錘」一つ一つを取り上げ如何にしたら「空室期間の短縮」に繋がっていくのかを考えて行きたいと存じます。


           

更新日時 : 2018年07月09日 | この記事へのリンク : 

相続登記義務化に。所有者不明土地の課題は『リライト記事』 

”イメージ写真は音羽の鳩山邸庭園のようすです”

今日日、全国的に所有者不明(持ち主不明)の土地が増えてきているそうです。今後も増加傾向のようですね。

所有者不明の土地が増えないようにするにはどうしたら良いか、良い方法を皆で考える必要が出てくるものと思います。

【持ち主不明の土地が何故、問題に】

例えば、公共的な工事を行場合でも持ち主不明の時は利用が出来ないことになります。いかに行政といえども勝手には利用は出来ません。東日本大震災の際にも住宅の高台への避難が、持ち主不明の土地のために移転への大きな障害となった様です。

【土地は欲しくは無い財産なのでしょうかね?】

相続のご相談を受けていますと、相続財産の中での「不動産(主に土地)」の割合が増えていることが解ります。特に「土地値」の割合が多く占められていると思われます。

そのような状況にもかかわらず土地に関する感覚が変化して??

では無いようですが^^^。

持ち主不明の土地になるキッカケの主なものは「相続」のようです。売却可能(相場値段で)だったり賃貸出来る等の場合には、当然継いでも良いな!と考えますが、何等の利用も出来なさそうな物は「負の遺産」と思われてしまうのでしょう。

結果、誰にも相続されず放置されてしまう事と思われます。

【登記はしなくてもOK!?】

所有権の登記は「義務」ではありません。売却の予定が無かったり、遺産分割協議がスムーズに行われない場合等、とりあへず其の儘にしておこう!と考える方々が多いのも事実ですね。

放置していても遺族の方には何らの実害もないのですから。そのうち代替わり等が進むことになりますので、殆どが何等の利用も出来ない「土地」と化してしまう事となります。

以下は2018.3.5付・日経新聞の掲記事です。

     

以下は【2018.1.19付掲載ブログ】==========

ここに来まして「相続税法」の見直しが検討をされているようです。内容につきましては今後のブログにて記載して参りたいと存じます。

配偶者の方が引き続き居住していかれるよう配慮されていたりで、良いと思われる内容にもなっているような気がいたします。

【相続税法が改正されたとしましても、?】

多分ですが今回の改正内容を拝見しますと、流れ的には「良い」方向性にはなっているような気はいたします。

配偶者様の権利が新設をされたり、被相続人様の生前の身の回りのお世話をされた方の評価も、考慮される方向とかで全体的には良い方向性だと感じられます。

しかしながら、折角「良い流れ」になろうとしていますのに、その流れに「棹差す」事柄は前もって無くしておく必要があると思います。

【棹差す要素とは】

ズバリ!「不動登記」問題と考えます。今現在で申し上げますと、登記するかしないかは「任意」であり義務でもありません。では何故?登記を勧めるかは?それは「対抗力」が有るからです。今回は「対抗力」に付きましてはカットいたします。

【不動産登記での問題は】

簡単なお話で恐縮ですが、要は現在の所有者様と登記名義人様とが一致していないことです。では何故?一致していないと「不都合」が起こるのか!?が問題なのですが「不都合が無い」こともございますので、「無い」場場合かごら説明したいと思います。

【不都合が無い場合とは】

これも至極単純簡単な事柄で、現在、居住されている方が将来的(永遠に)に現在と同じ生活を維持継続されていくことができれば、何等の問題も起こりようもございません。でも、それは無理と思わ割れますね。人は何時かは亡くなるものですので。

【不都合が生じる場合とは】

ご売却や生前贈与又は子供たちへの相続のご相談等を受けまして、最初の関門は「名義人様が祖父・祖母」の儘の状態が多い事ですね。

また、ご家族構成などのお話を伺いますと、祖父又は祖母様のご兄弟が大勢いらっしゃる事も多いですね。

前述の内容で不都合が生じやすい事柄は、

1.当該不動産の権利(所有権)を有すると思われます方が「多数」いらっしゃること(例:甥・姪・孫等々で)

2.その方たちの住所が不明の場合が多いこと(音信不通等で)

3.生存不明な場合(お付き合いが殆ど無いので)もあること。

4.その他。

司法書士さんらに依頼をしまして相続人様関係を当たっていただくのですが、なかなか、の場合が殆どですね。仮に見つかった場合でも、費用的・時間的にかなりの労力が必要となってきます。

【可能の様であれば早目の対策をお奨めいたします】

親戚のお付き合いも段々と希薄になって来ているようです。

関係される方も亡くなっていかれると思います。嫌な話をするようで大変申し訳ございませんが、解っておられます方々がご存命のうちに何等かの手立てをされたら如何かなと考えます。

私目の小学校からの友人も結局、相続人様「無し」の状態となり結果⇒国庫へとなってしまいました。

【空き家対策の一環でも有るようです】

新聞記事を読みますと「空き家対策」も兼ねているようですね。確かに最近「空き家」の話題が多いのも事実です。勿体ない、のもございますが「不用心」でもあります。

先祖代々受け継いで来ました財産(資産)です。チョットした手続きをすることで更に承継していければ大変GOODと思います。

2018.1.19付、日経新聞記事

 

更新日時 : 2018年06月13日 | この記事へのリンク : 

エイセン通信「民泊を可能にする住宅宿泊事業法」リライト記事

【リライト記事】

住宅宿泊事業法が本年6月に施行となりました。オーナー様や地域住民の方々にとりまして大変気になる事柄と思います。

一番の気がかりは何と云っても、「いきなり見知らぬ方が宿泊している、特に外国の方」という事ではないでしょうか。法は施行をされましたが、各自治体にて歯止めを掛けられる仕組み(条令などで)も作られています。

我が文京区でも区公式HPにて「文京区住宅宿泊事業ハンドブック」と題し掲載されていますので、是非一度はお目通しして頂ければと思います。======================

【概 要】

来年6月から「住宅宿泊事業法」が施行となります。

事実上の「民泊の自由化」と言っても過言ではないと思われます。

現在まで「ホテル」などが禁止されてきました住宅街においても、民泊を運営することが可能となります。

また、民泊の多くは賃貸物件、とりわけ賃貸マンションの「一室」がその対象となるのではないかと予想されます。

勿論ですが、オーナー様(持ち主)の許可無しでは「あってはならない」ことですし、また、何の通知も無しにいきなり外国からの旅行者が泊まり始めるなどの事態はあってはならないと思います。

今回のエイセン通信ではこの「住宅宿泊事業法」につきまして少々詳しくお伝えしたいと考えました。

本ブログでは、その一部分ではありますがご紹介をしたいと思います。

そこで、この法律での登場人物は2人おります。

一人目は民泊を行う人=

「民泊ホスト(住宅宿泊事業者)」と呼ばれます。

二人目は民泊の運営を代行する人=

「民泊運営代行会社(住宅宿泊管理業者)」といいます。

次に各々の業者の内容を説明して参りたいと思います。  

【民泊ホスト(住宅宿泊事業者)の義務と責任】

オーナー様自身が民泊を行う場合はオーナー様が民泊ホストとなります。

また、オーナー様から賃借した借り主が行う場合は借り主が民泊ホストとなり当然にオーナー様には義務や罰則は及びません。

民泊ホストになるためには、都道府県知事に届け出が必要であったり、当然の事ながら民泊のルールを守る義務が課せられます。

これらの事柄は周辺の住民等の方からの苦情・不安などが無いような運営をさせることが主旨です。 

【民泊運営代行会社の義務と責任】

この代行会社は国土交通大臣に登録し5年ごとに更新することが義務づけられています。

この責任を負った登録業者にホストの義務であります・衛生管理・安全の確保・外国語の説明・住民の苦情への対応という大変重要な部分を任せています。

そこことにより民泊の質を一定に維持したいという考え方と思われます。

【その他の事項】

前述しましたが、本ブログではなかなか書ききれない部分が多く残ってしまいました。

例えば民泊ホストに課せられますルールの内容などがそれにあたります。

エイセン通信では更に詳しく記載して有りますので是非ともお読み頂ければと思います。

ご連絡頂けましたらご郵送かお届けにも参りますのでよろしくお願い申し上げます。

更新日時 : 2018年06月04日 | この記事へのリンク : 

売買契約時に必要な調査でした。2012.2.12

  【チョット「足」を延ばして来ました

土地・建物の売買の場合 結構 色々調査が必要となってきます!!

その中の一つが今回の「雑学話」です。それは・ガス管の調査です。

文京区の場合「何処」で管理されているかご存じですか? 荒川区南千住3丁目の東京ガス 東部情報管理室 と言うところです・・早速 出かけました。

         

  

守衛さんに駐車許可証と館内に入れるバッジを貰い、イザ館内に!

        

さすが! 天下の東京ガス 立派な入口 広大な敷地です。

        

駐車場だって、こ〜〜んなに広いんですよ〜〜〜!

        


        


玄関入りますと何処へ行ったら良いのかお上りさん状態です。  

気を取り直し目的の場所を尋ねてみましたところ2階だそうで・・早速2階へ

        

☆☆本支管情報管理室、ここで調査をします。

☆☆ただし、ガス管といえ「個人情報」なので前もって依頼者より「委任状」が必要です。 

☆☆しっかりと 個人情報は 保護されています 

               

部屋の中はこんな感じで、書類やらPCやら 。。。。

対応してくださいました担当者の方非常に解りやすい説明で、半分以上素人の私目、感激しております!!!!

         

 

調査を終えて・・・

今回はガス管の調査でしたが「水道管・排水管」も同様です。

普段は目にする事は無い(地下なので当たり前です)のですが、たまには他人の土地に入ってしまっている場合もあり要注意!!

 

さて・・と、我が街・茗荷谷・後楽園界隈に戻りますか! 

やっぱり「我が街」ホットしますねーーー!!

更新日時 : 2018年04月10日 | この記事へのリンク : 




ブログページブログページRSS配信ボタン
カレンダー
<<        2018年07月        >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031       

最近見た物件 (0)