後楽園駅周辺のご紹介と提携税理士事務所発行マガジン『相続の基本講座』
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

<イメージ写真は丸ノ内線、後楽園駅上に有ります建物「メトロエム」を文京シビックセンター(文京区役所)方向から写した全景写真です。メトロエムには飲食店・お洒落な小物等のお店やシャンプーのお店等々是非一度は覗いて見てください。メトロエムを後楽園のドーム球場方向からは下の写真です>         ...

スタート21:文京区春日2丁目賃貸物件【後楽園駅】
お役立「ご近所&お部屋紹介」■スタッフブログ

名 称:スタート21.所 在:文京区春日2−4−15構 造:鉄筋コンクリート造4階建て。 間取り:1DK〜2DK 全11世帯学区域:文京区立金富小学校、文京区立茗台中学校☆お奨めポイント☆南西向きのため日当たり良好。ペット飼育相談可能(但し条件変更有り)スーパーイオン・小桜商店街近隣、買い物便...

提携税理士事務所発行マガジン『数字でみる相続等』から3話ほど。
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

<イメージ写真はエイセンハウスのコンパクトな管理看板です。エイセンハウスのメインカラーであります『グリーン』を基調にしております。巷で良く見かけます「赤と紺色」の不動産業者様の看板とは一線を隔しています>【平成30年都道府県地価調査】国土交通省に因りますと同年7月1日時点於けます基準値地価の全...

残念な思いで一杯でした『折角承継された財産が塩漬けに』
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

<イメージ写真は播磨坂(通称:桜並木通り)の住宅街の様子です>以下の記事は2018.11.27に掲載をしましたブログ記事です。今でも気になっていますので何かの機会には現場に行って様子を拝見しています。追加での記事です。【事例その 曚諒件の今現在の状況は、時折この物件の近くまで行く機会毎に様子...

小石川播磨坂ハイツ「旧荒川ハイツ」:文京区小石川4丁目賃貸物件【茗荷谷駅】
お役立「ご近所&お部屋紹介」■スタッフブログ

<イメージ写真は桜が満開のころの播磨坂『通称:桜並木通り』を春日通りから撮影した風景です>『荒川ハイツ』という名称で長年募集をさせて頂いておりましたが、この度オーナー様は思い切って名称変更をされました。新名称は【小石川播磨坂ハイツ】となりました。桜の名称でもあります播磨坂「通称:さくら並木通り...

『世界の面白い税金のお話』家畜〇〇〇税が地球温暖化をストップ?!、本当の事!?
よもやま話■スタッフブログ

<イメージ写真は旧水戸藩上屋敷の隣にあります運動公園、通称:三角公園。謂れは「字の如し」皆様ご確認に行ってください>先日、某会の某研修会が開催されましたの参加をして参りました。研修会は2部構成になっており日頃は「堅物」的なイメージがございます「所」の方が、ワンポイントですが講義をされるとの事。...

「修繕計画は必要ですよ」 建物竣工後20年前後の物件のオーナー様お考えの時期です。
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

<イメージ写真はエイセンハウス管理物件のフローリング床改修工事の様子です。水回り工事で床も外しますので、そのついでに「音対策」も、との考えです。階下への響きが激減するような対策工事です。考え方は「二重床にする」と言うものです。その機具(束と言います)の拡大写真が下の物です。対策工事のブログは後...

「修繕計画は必要ですよ」◆〃物竣工後20年前後の物件のオーナー様お考えの時期です。
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

<イメージ写真はエイセンハウス管理物件のフローリング床改修工事の様子です。30年近くにもなりますと一番の弱みは何と云っても「水回り」となります。その改修工事の際のついでに「音対策」も兼ねましてのフローリング貼替工事の様子です>@多くのオーナー様は「修繕計画」が大事であることはご理解されているも...

「修繕計画は必要ですよ」 〃物竣工後20年前後の物件のオーナー様お考えの時期です。
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

<イメージ写真はエイセンハウス管理物件のフローリング床改修工事の様子です。水回りの修繕時に「音対策」も兼ねての工事です。↓に進捗様子の写真を掲載しておきますのでご覧になって下さい。この写真の説明は後日のブログにてご紹介させて頂きます>@今回のテーマは「修繕計画」についてです。某日懇意にさせて...

ゴールデンウイーク、たまには大きな湯船でのんびり・ゆったり・リラックス『文京区の銭湯一覧』
よもやま話■スタッフブログ

<イメージ写真は茗荷谷駅からお茶の水女子大学方向に歩いて頂き、正門前の斜め左側、春日通り沿いに有ります、銭湯「大黒湯」さんの案内です>本ブログを書いています時期の目の前は、本年より10連休になりましたGW(ゴールデンウイーク)です。はり昔の方が申されます通り『お彼岸までの辛抱』かもしれませんね...

PAGE TOP