■スタッフブログ

賃貸管理業者・仲介業者へのquestion&answer【其の二:賃料滞納】
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

我々の様な管理会社・仲介会社には、ホボ毎日と言っても過言ではないほど色々なご相談・ご質問等々が賃貸住宅の入居者様や賃貸住宅のオーナー様からございます。今回は其の中から、賃貸住宅のオーナー様から頂きましたご相談・ご質問で、多く寄せられた内容(テーマ)の中から、幾つか取りあげましてご紹介をさせて頂...

賃貸管理業者・仲介業者へのquestion&answer【其の一:契約の締結】
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

イメージ写真はエイセンハウス店舗前の春日通りの様子です。写真手前が「後楽園駅方向」で奥方向が「茗荷谷駅」となります。エイセンハウス事務所はどちらからも、徒歩約10分〜13分程の距離となっています。真夏の炎天下、真冬の寒さ厳しい中、梅雨時の雨模様時などなど、わざわざご来店頂いております客様には大...

改正民法踏まえ!残置物止め全て設備にしませんか!⇒借主喜び⇒未然にトラブルも防げ無駄な時間の浪費も避けられますね!
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

イメージ写真はエイセンハウスの店内の様子です。2020年4月1日から施工されています『改正民法』でも明文化されましたところの、賃貸契約期間中の設備の一部滅失による、オーナー様の修繕義務や賃料の減額請求にも関係してくると思いますので、本ブログは定期的に「再掲載記事」とさせて頂いております。今後、...

我が町のご紹介『第二弾:春日2丁目某所〜春日二丁目某所まで、目的は??』
茗荷谷・後楽園「我が町のご紹介」■スタッフブログ

第二弾:超ローカルエリアのご案内です。今回のご案内は弊社エイセンハウスからの出発ではなく、春日2丁目某所からとなります。では何処なのか??と申しますと写真中央の建物が出発点。「1」ご案内の出発地点=ベルビュー小石川に集合です。こちらの建物、賃貸マンションで入居者募集情報はこちらからからご確認願...

いよいよ「進学」の時期となってまいります。エイセンハウスでは「初めての一人暮らし」応援します。 
茗荷谷・後楽園「賃貸物件ご紹介」■スタッフブログ

『イメージ写真は「御茶ノ水女子大学正門」の様子です。茗荷谷駅から春日通りをJR大塚駅方向に約徒歩5分程度で正門に到着をします。駅前の繁華街から少々外れ静かな環境となっています』では、丸の内線「茗荷谷駅」前の様子のご案内です。近辺には「スーパー・コンビニ・サイゼリア・モスバーガー」等々で学生さん...

我が町のご紹介『第一弾:エイセンハウス(春日2丁目)〜某所(小石川1丁目)まで、目的は??』
茗荷谷・後楽園「我が町のご紹介」■スタッフブログ

エイセンハウス(春日2丁目)〜の某日、超ローカルエリアご案内の第一弾です。到着場所は小石川1丁目の某所、さて、某所に行きます目的は?到着点までの道すがらご近所様のご紹介です。「1」スタートはエイセンハウス店舗からですが、お店を出まして右行きか左行きか?、今回の方向は右行きとします。&#...

エイセンハウスが提携しています税理士事務所様発行の「相続とお金の情報マガジン1月号」です。2022年1月新春号!是非お目通し願います。
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

2022年1月新春号のお知らせです!昨年末より題名も表紙もリニューアルされました。題名は、新たに『相続とお金の情報マガジン』となっております。当然のことながら掲載記事もますますグレードアップ『内容豊富・記事も新鮮』是非この機会にお目通し頂ければと思います。尚、本誌ですがご郵送又はメールでお送り...

改正民法『賃貸物の一部滅失等に因る賃料の減額、新611条』【賃貸契約に与える影響】改正から1年チョット経過しました。
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

【2022.1.7】==2020年4月1日から施行されました「改正民法」は、本年、2022年4月1日より3年目を迎えることになります。賃貸契約の殆どは2年間ですので漸く1クールの経過となりました。一区切りついた頃合いで色々な問題点(解釈の違いなどなど)が見えてきて、その内容に関するクレームの発...

日頃は気が付きませんが「連結送水管」ご存知ですか。3年ごとの定期点検重要です。点検結果⇒圧力低下すると⇒大至急で改修工事必要です。
お役立「管理担当奮戦記」■スタッフブログ

【乾燥状態が続いています。火の元に注意しましょう!と言うことでの再掲載です】イメージ写真は「連結送水管」の送水口の写真です。連結送水管は重要な建物設備の一部ですが、どの様な際に使われのか、どなたでも、ご想像がつくかと思います。その通りです!従いまして、絶対に使いたくないし、使うことの無いことを...

『所有者不明土地対策&放置空き家対策』相続登記義務化の改正案決定。罰則規定定も!相続時混乱考え早期対策必要です。 
お役立「オーナー様へ」■スタッフブログ

==所有者が分からなくなっている土地。家屋の問題解消のための関連法が、2021年4月の参院本会議で可決、成立したそうです。今後2024年をめどに本件が周知徹底され、土地や建物の「相続を知った日から3年以内」に相続人は登記することが義務づけられることなります。また、義務付けにあたりましては「相続...

PAGE TOP