人手不足対策か?ピンポ〜ン『危険です!ご注意ください!』新案特許だそうです。

”イメージ写真は『新案特許?』人手不足対策?”

上手い事を考えたな〜の感ですね。道路工事現場では警備の方に代わって機械(ロボット?)が”赤い棒”を振っていますね。その辺の真似かもしれませんが^^。通行する人に反応しますと、ピンポ〜ン『危険です。ご注意ください!』と反応します。

通行する方は1回限りかもしれませんが、お店で仕事をしていますと^^日に、其れこそ何回も、、、事故にならない様にが第一ですね。お仕事大変ご苦労様です。👇


【足場が組めなければ何も出来ません!】

大規模工事の手始めは足場組立。外壁タイル・防水工事やら何やらも足場が無ければ始められません。室内工事であればOKですが建物の外側部分の修繕は無理ですね。

タイル目地の修繕(防水シールのやり直し等)などは結構、体重を掛けての作業になりますので、踏ん張りの利く”足元”が必要です。

昨日聞いた話で余談では有りますが”高所恐怖症の職人さん”いらっしゃると思います??

【答え=いるそうです。生活掛けて頑張っているとか^^^】

ありがとうございます。充分に気負付けて作業して頂きます様よろしくお願いいたします。

【エイセンハウス隠れてしまいますが元気に営業中です!】

足場組みあがりますと全体が”養生シート”で覆われてしまいます。現入居者様には暫らくの間ではありますが、暗くなったり・眺望が悪くなったり等々大変ご不快と思いますが、何卒よろしくお願いを申し上げます。

エイセンハウスも養生シートに隠れてしまいます。然しながら元気に営業中ですので、何卒よろしくお願い申し上げます。




【この記事を書いた人】
エイセンハウス有限会社 代表 岡野茂夫
1952年生まれ。東京都立向ヶ丘高校卒業と同時に家業の和菓子店「岡埜栄泉(おかの_えいせん)」に入店。和菓子職人の修行の道に入る。1986年頃から春日通り収用計画(道幅拡幅工事)に因り和菓子店も建直しを余儀なくされる。新築する建物に“賃貸住宅併設計画“をした為”宅地建物取引士“の資格取得を目指す。1987年、資格を取得と同時にエイセンハウス有限会社(商号は「岡埜栄泉」のエイセンから)設立。平成7年和菓子店「岡埜栄泉」は閉店し不動産業に専念し今日に至る。

記事の更新日:

PAGE TOP