相続対策をした筈なのに!?「名義預金と看做されて!」

”イメージ写真は「祖族贈与マガジン9月号」です”

エイセンハウスでは提携税理s事務所発行の「相続贈与マガジン」を毎月1回ご希望されていますオーナー様にお届をしております。

本ブログご覧のオーナー様でご興味ございましたらご連絡願います。月に1回ですがお届させて頂きます。

さて9月号は『名義預金』に付き記載して参りたいと思います。

@このような思いをされた方が実際にいらっしゃるようです。

「毎年”暦年贈与で相続税対策をしていたのに、税務署から名義預金と看做されて相続財産に加えられてしまう」といったケースがあります。そうなった場合にはどの様な事柄が起きてしまうか!?

延滞税や加算税なども掛かってきてしまうかもしれませんね。折角の対策も”名義預金”と看做されてしまうケースとはどの様な場合?

今回,伴_鶚△裡臆鵑吠けまして記載して参ります。

,虜2鵑蓮

【そもそも名義預金とは】

形式的には相続人が預貯金口座の”名義人”であるとしましても、実質的な管理や運営(通帳の保管・金銭の出し入れ等)は被相続人が行っているような”預金”を一般的に『名義預金』と言います。

名義預金と認定をされてしまうと、たとえ相続人に贈与していたとしましても、被相続人の相続財産として加算をされてしまいます。

【名義預金になるる条件とは?】

預貯金等の帰属に係わる判決(平成21年4月16日東京高裁)によれば、以下の基準を総合考慮して判断するのが相当であるとしたそうです。

⦿当該財産またはその購入原資の出損者。

⦿当該財産の管理及び運用の状況。

⦿当該財産から生じる利益の帰属者。

⦿被相続人と当該財産の名義人並びに当該財産の管理及び運営をする者との関係。

⦿当該財産の名義人がその名義を有することになった経緯。

⦿贈与事実の有無。

いろいろややっこしい内容も含んでいますので、専門家の助言を頂きながら実施されますことをお奨めします。

エイセンハウスでは提携税理士事務所が有りますのでお気軽にご相談ください。

次回△任蓮惱斗廚淵櫂ぅ鵐函戮魑載して参ります。


【提携税理事務所】

エイセンハウスと提携をしています税理士事務所です。何かご相談事・ご質問などありましたらお気軽にご連絡ください。その節には”エイセンハウスから聞きました”と一言添えていただけましたらスムースにお話が進むと思います。

記事の更新日:

PAGE TOP