不動産価格の妥当性を調べてみませんか!適正価格の調査が出来ます!  

”イメージ写真は無料価格調査アプリの宣伝です”

エイセンハウスではホームページのリニューアルを行いました。

今回のリニューアルの目的『スマホ・タブレット』にて”見やすく・検索しやすく”することでした。実際にご覧頂けました結果は如何でしょうか。サクサクと検索出来ましたら幸いでございます。

折角のリニューアルですので新たな”サービス機能”も設ける事としました。


其れは『不動産価格調査機能サービス』です。この機能で何が出来るのか!?を説明して参ります。尚、このサービスの名称は【セルフィン】という名前です。👇

「不動産の価格(売買金額や購入金額)の妥当性」については、当然のことのように全て”不動産業者”に依頼(頼っていた)していたと思います(その他の選択肢は無かった?)

この”セルフィン”機能の利用で出来る事。

◎買主様:購入希望不動産価格の妥当性。

◎売主様:売却希望価格の相場とのマッチング。

の判断が可能となります。判断を下す材料は過去からの膨大取引事例を参考に”IT”技術によって行っております。

ただ、セルフィン判断の金額と実際に提示をされています金額に、相当の乖離が見られた場合にはご連絡下さればと思います。

どうしてそのような差額が生まれるのか!?ご説明出来ればと考えています。

どうぞお気軽に何なりとご相談ください。お待ちしております。


以下にご利用方法を記載しました。

.┘ぅ札鵐魯ΕHPトップ画面から、

売買サポートのSelFinで価格を調べる、をクリック、

SelFinのご説明をお読み下さい、

い修慮紂匹翰用はこちらから”をクリック、

セ藩冓法をご確認頂き調査をされてください。

エイセンハウスが提携会社と契約をしていますので、ご利用のお客様には「料金」は一切掛かりませんのでご安心願います。


以下は”セルフィン”のご説明です。

         👇 

SelFin(セルフィン)は、エイセンハウスが提携・提供している不動産の価格調査サービスです。

POINT1物件情報を入力するだけで、誰でも簡単に適正価格の調査ができます!

売主は、売り出し希望価格が妥当なのか(買主のニーズとマッチしているのか)買主は、購入希望物件の価格が妥当なのか(その不動産の価値にマッチしているのか)を、知りたいと思われているはずです。

従来の不動産取引では、これらの事柄は全て不動産会社に頼らざるを得ない状況でした。

しかし、このSelFin(セルフィン)というWEBアプリを利用すれば、売主も買主もご自身で、自分が知りたい適正価格を調査することができます。

SelFin(セルフィン)で調査できる内容は次の6項目です。

_然覆梁電性

マンションは収益還元法で対象不動産の想定賃料と想定価格を、戸建は取引事例比較法による土地の想定価格と耐用年数から建物の価格を算出します。

対象不動産の流動性

流動性の高い不動産ほど売却しやすくなります。昼夜間人口差から「街力」を算出し、対象物件の流動性を判定します。

住宅ローン減税の対象かどうか

住宅ローン減税は住宅購入者にとって欠せない支援制度です。住宅ローン減税が利用できるかどうか判定します。

ぢ竸明

建築年月などから耐震性を判定します。耐震性が確保されていることが各種補助制度の条件となっているほか、資産保全にも大きな影響を及ぼします。

ゴ浜状況(マンションのみ)

マンションの資産価値を高く保つには、きちんと管理されていることが重要です。また設定されている管理費・修繕積立金が妥当かどうかも判定します。

ε效呂了饂裟(戸建のみ)

接道状況や建ぺい率・容積率、セットバックの有無など、土地の資産性に影響を及ぼす項目について判定します。

POINTSelFin(セルフィン)のご利用は無料です。

弊社がSelFin(セルフィン)運営会社と提携し、ホームページ上でサービスを提供しておりますので、お客様にご利用料金の請求は一切ございません。

POINT3.SelFin(セルフィン)での調査結果の疑問にお答えします。

SelFin(セルフィン)を利用してご自身で調査された結果の価格が販売価格とほぼ一致していれば一安心だと思われます。

しかし、調査結果の価格と販売価格との差額に少しでも疑問を感じられましたら、お気軽にご相談ください。

ご説明させて頂きながら安心してお取引出来ますように最後までサポートさせて頂きます。

購入物件の判断材料に! 所有物件の資産価値の把握に!!



※ご注意

SelFin(セルフィン)は住宅購入予定者様や所有者様に対しまして、判断材料のご提供を目的としております。また実態に近い判定ができます様常に改良しておりますが、最終的なご決断は各ご利用者様の責任にて行って頂きます様お願い申し上げます。

記事の更新日:

PAGE TOP