数字で見る相続「2兆1,150億円」とは??? 

”イメージ写真は弊社提携税理事務所発行のマガジンです”

タイトルの「2兆1,150億円」我々の感覚ではトンデモナイ金額ですね。皆様!この数字(金額)は何だと思われますか!?

【財務省発表に因りますと】

相続税の課税件数割合及び相続税・贈与税収の推移に因りますと、平成29年度の相続税・贈与税の税収(予算額)が2兆1,150億円となる見込みだそうです。

確か??記憶では当局は「税収不足」で相当悩んでいた??と思ったのですが^^違いましたか?

【税収不足が悩みの種の時代は?】

平成5年度以降、毎年右肩「下がり」だった相続税・贈与税が、何と!!平成22年度が「底」状態だったのが回復をしたそうです。

そしてとうとう、平成28年度には、平成9年以来18年ぶりに「2兆円」を突破したそうです。平成9年と申しますと、あの「バブル景気」の終焉の時代だと思います。

【2兆円突破の背景は?】

まず最初に思いつくのは、あのバブル時代の再来とも感じられる土地(一部かもしれませんが)の上昇で、「路線価」もまた同様に上昇し「課税価格」が上がった事が考えられます。

税務当局も「土地上昇」傾向で路線価も値上げし易い状況となったと考えられると思います。

もう一つの要因としましては、平成27年度の税制改正にて”税率の見直し”や”基礎控除の引き下げ”が行われたことが挙げられると思います。

@暫らくは土地の上昇はまだ続く事が予想されますね。更に税収を増やすための対策も考えられるかもしれません。我々自身も真剣に対策を講じていかなくてはならないと考えます。

            

記事の更新日:

PAGE TOP