『相続トラブルの80%』どの様なケースで起きるのか!  

”イメージ写真は教育の森公園の風景です”

ブログタイトル『相続トラブルの80%』の内容はと申しますと、「司法統計年報(平成27年度版)」が裁判所から発表されたそうです。

それに因りますと遺産相続トラブルは年々増加傾向とのこと。更にその資料のうちトラブルが 調停などの手続きを経て解決成立した件数を調べたところ、調停等の件数の76%(約80%)が遺産額は5,000万円以下であったことが分かったとのことでした。

昨今の地価の上昇傾向を考えれば「誰でもが」この遺産額に相当するケースに当てはまり、誰でもが「トラブル」の対象になっている、と言えると思います。

今回は某事例を基に、相続争いを防止できる3つの基本的な対を3回ほどに分けまして記していきたいと思います。

尚、記載します内容はエイセンハウスの提携税理士事務所発行の「相続贈与マガジン」に記載されています内容を準用しております。

まずは事例を前もってお示しさせて頂きます。

【事 例】

Aさんには3人の子供さんがいます。長女・次女は既に所帯をもちマンションで生活をしています。三女はと申しますとAさんと実家にて同居中です。Aさんの配偶者(夫)は既に他界しています。

このような状態でAさんは、将来的に相続争いが起こらないために、生前に何をしておくべき、何をしておいたら、良いのでしょうか⁉

この続きは次回△如

記事の更新日:

PAGE TOP